地層とクリノメーターなどについて勉強した

地層について習得しました。ソールマークやリプルマーク、クロスラミナや級化プロセスは地層が堆積したときの相性を記録して要る(地層累重のルールに従う)ので、地層が堆積した当時の相性を解る足掛かりとなります。地層を構成している岩石の型式や業者、地層の中にある化石の型式などを観察することによって、地層のできた環境や地層の古さなど、さまざまな内容を受け取ることができます。年代理一部分と水平面との交線の道のりを地層の走向とよび、年代理一部分と水平面とのなすコーナーと、その傾斜道のりを地層の傾斜といいます。地層の走向や傾斜は、クリノメーターを用いて測定します。それらの収穫をもとに、地層の拡がりを地形図上に作図することができます。とある原野に分布する岩体の型式や階層、岩身体相互の繋がりや地層の堆積した経路(年代序)などを出すために、地質図版(地質平面図版)や地質断面図版・地質柱状図版が用いられます。知らなかったことが多かったので勉強になりました。